ホワイトペーパー


ファスナーの熱処理

ファスナーの材料は用途と環境によって選択されますが、適切な強度・延性・靭性を得るためには熱処理が必要になります。
本資料では、熱処理の基本的な工程の解説に加え、鋼・ステンレス・アルミニウム・非鉄合金それぞれに対する熱処理とその特徴の説明に加え、得られる硬度や耐食性といった機械的特性のデータを掲載しています。

ねじは再利用可能?

ねじを再利用すべきかどうかを判断する上で、考慮しなければならない要素はいくつもあります。
締結部品には、技術水準を維持すること、締結部特有の危険性、製品特定の危険性を評価することが求められます。摩擦・外観・かじり・損傷・コストの観点から、ねじの再利用について考察しています。

正しい選択をする

機械設計を行う上で、締結部品の決定はいつすべきでしょうか。見過ごされがちな要素が、製造コストや市場投入時間、メンテナンス性を大きく左右することがあります。締結部品の品質・製造現場での入手しやすさ・信頼できるサプライヤー・交換能力など、設計段階で考慮するに値するポイントを解説します。

技術資料


塑性加工

本資料は、塑性加工の技術とその長所と短所、主な塑性加工の種類などについて詳しく述べております。例えば、塑性加工の種類としては、圧延加工や鍛造加工、曲げ加工や絞り加工、転造加工などが挙げられており、それぞれの加工方法に関連する画像も掲載しています。

金属材料と鉄鋼金属の種類

本資料では、金属と金属材料の基本的な定義と特性について説明し、主要な鉄鋼金属の種類(炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼、鋳鉄)に焦点を当てました。各種類の材料は異なる用途や特性を持ち、産業や建設分野などで広く利用されています。

非鉄金属材料とその種類

本資料は「非鉄金属材料とその種類」に焦点を当てており、アルミニウム、銅、チタン、亜鉛、ニッケル、マグネシウムなど、代表的な非鉄金属材料の種類について詳細に説明されています。各種材料にはそれぞれ異なる特性や用途があり、工業や製造業において重要な役割を果たしています。

プラスチック材料とその種類

プラスチック材料に関する本資料は、プラスチックの基本的な定義から、その構造、特性、種類、そして用途に至るまで、包括的な情報を提供しています。プラスチックは多様で広範な用途に適した材料であり、その特性や成形プロセスに関する理解は、産業界における重要な役割を果たしています。