第4次産業革命を生き抜くために:スマートファクトリ―ロジスティクス

私たちは今、 “第4次産業革命” のまっただ中に生きています

「第4次産業革命」
2011年にドイツ政府が、産業価値創造のための基本的なイノベーションと変革のプロセスを説明するものとして、国家戦略プロジェクト「インダストリー4.0(Industrie 4.0)」を発表。その概念を日本語にした言葉が「第4次産業革命」です。現在は『IoT・AI・ビックデータ等のデジタルの力を利用して人間、機械、企業その他をシームレスにつなぎ、“全体最適”の達成を目指す』とより包括的に再定義されてきています。
このデジタル革命が ① 個々にカスタマイズされた生産・サービスの提供 ② 既に存在している資源・資産の効率的な活用 ③ AIやロボットによる従来人間によって行われていた労働の補助・代替等の産業構造の変革 のみならず、経済成長や健康長寿社会の形成等で人々に豊かさをもたらす「超スマート社会(Society 5.0)」の実現へつながるのでは…とも期待されています。

これまでの産業革命は、現在の製造業のあり方を決定付けてきました。
18世紀半ばから始まった第1次産業革命は水と蒸気の力を利用して生産を機械化しました。
19世紀末に生じた第2次産業革命は電力を利用して大量生産を実現しました。
1970年代初頭からの第3次産業革命は電子工学や情報技術を利用して生産のオートメーション化を成し遂げました。
そして今進行中の第4の産業革命は、デジタルの力を用いた「可視化、透明性、予測可能性、自律化」によりフィジカル世界のギャップを埋め「全体最適」を成し遂げようとしています。その結果の一例としてスマートファクトリー (考える工場 )が誕生しています!

私たちボサードは、第4次産業革命の実現に向けて、スマートファクトリーロジスティクス(SFL)を開発しました。この方策はお客様のニーズを満たし、生産をよりスリムでより機敏にします。ボサードは、工場をより賢く(スマートに)するための具体的な3つのソリューションがあります。

通信するスマートな在庫管理デバイス

ボサードの スマートビンクラウド(SmartBin Cloud) は重量センサーとバイブレーションセンサーを統合。ピッキングの振動をバイブレーションセンサーが感知し、重量センサーがリアルタイムの在庫情報を取得して現在の需要状況を発信します。そして在庫量が発注点に達すると自動で発注します。

フレキシブルにどこにでも設置可能な

スマートラベルクラウド(SmartLabel Cloud) は電子ペーパー(E-INK)ディスプレイにより製品情報と発注状況を「見える化」し、その場でボタンをワンプッシュするだけで正確・確実に発注できます。

あらゆるニーズに対応するお客様専用のソリューション

私たちボサードのスマートファクトリーロジスティクス(SFL)のアプローチには、配送、サプライヤーの統合、運用、メンテナンスなどの包括的な物流コンサルティングが含まれています。

ご希望されるお客様への更なる戦略的なコンサルティングもオプションとして行うことが可能です。

透明性を生むビッグデータソフトウェア

 ボサード独自のサプライチェーンコラボレーションソフトウェア アリムス( ARIMS)をご提供します。このソフトウェアは大規模にデータを収集・配信を行い、データの一元管理によるサプライチェーン全体の状況把握に役立ちます。

また、専用アプリをインストールすればスマホからでも在庫量・発注状況を確認することでお客様と生産プロセスとの距離を縮めます。

私たちボサードのスマートファクトリーロジスティクス(SFL)を武器に、第4次産業革命に共に挑みませんか?!

未来の工場を作る方法の詳細については、ぜひお問い合わせください。弊社のエキスパートが、貴社のご状況にあわせた最適な提案を行うことをお約束します。

こちらでも詳しくご覧いただけます。

関連記事