MITSUBISHI HEAVY INDUSTRY x BOSSARD

在庫数・発注状況の見える化と発注業務量削減を実現!

社名三菱重工冷熱株式会社
事業内容空調・冷熱機器の開発および製造
所在地東京都
設立1976年04月
従業員数1000~3000名
ホームページhttps://www.mhiair.co.jp/

三菱重工冷熱株式会社

冷熱(空調・暖房・冷凍・冷蔵庫等)関連製品・設備を製造。
保守、修理、改良工事、エンジニアリング事業、及び技術の提供も行う。


要望

  • 細かな部品類を管理したい
  • 棚卸作業を削減したい
  • 在庫データを見える化したい

課題

  • アイテムの在庫数をカウントするのに時間がかかる
  • 紙帳票でのデータでは、管理が難しく、確認に時間がかかる

効果

  • 煩雑な管理業務が不要になった
  • 在庫確認、管理、発注のプロセスの一元化を実現
  • データが電子化され、リアルタイムの在庫や発注情報を共有できるようになった

INTERVIEW

お客様の声


ボルト・ナットはもちろん、工場の生産に使用する他部品にも対応しており、とても重宝しています。

三菱重工冷熱 長谷川工場長様

元々どのような課題を抱えていましたか?

工場内の製造に使用する部品管理で課題を抱えていました。
特に、締結部品を始めとした細かな部品類の管理で2つ大きな問題がありました。
一つは、実際にどのアイテムが何個あるかを把握することです。全ての数量カウントは、とても時間がかかります。定期的に行う棚卸は大変な作業量になりました。もう一つは、紙帳票で管理しているデータの改善です。紙ベースではなく、見える化や電子化を推進したいという目標がありました。

SmartBin導入によって、課題はどのように改善しましたか?

ボサードさんからの提案を受け、SmartBinを導入しました。
SmartBinを導入することによって、煩雑な管理業務が不要になりました。
具体的には、在庫確認、在庫発注におけるプロセスの一元化によって、業務の簡略化につながりました。在庫量を適正に保つことができるのも助かります。生産時に、必要な部品が欠品を起こすというアクシデントもなくなりました。パソコンやスマートフォン上から、リアルタイムの在庫データを閲覧することができることも大きな改善です。在庫数や発注状況の見える化につながりました。

SmartBinを導入した感想を教えてください

ボルト・ナットはもちろん、工場の生産に使用する他部品にも対応しており、とても重宝しています。柔軟性も感じています。繁忙期や閑散期に応じ、発注点や発注ロットを変更できるのはとても便利です。2015年の初導入以来、管理する部品量が増加するにつれSmartBinの台数も増えています。

「1枚でしくみがわかる」